秋葉原で演説をしている自民党の人たち。

なぜ秋葉原で話すのか?

それは秋葉原にあらゆるところから、あらゆる業界の、
あらゆる人たちが、あらゆる目的でそれぞれアキバに訪れているからである。

ターゲット層を区切るには非常に難しいアキバ人口だが、
それぞれがアキバから自分の居場所(アキバじゃないどこか)
に戻った時、その人は自民党の演説を見た個人になる。

個人から外部に話題がいく。
あらゆる個人が存在するため、あらゆる外部にその話題が出る。

また、それぞれの個人の関連性が少ないため、
「それさっき○○から聞いたよ」ということも起こりにくい。

「不特定多数に告知したい」という目的に対して、
アキバは最適なのだ。

もっとも、「男」というジャンルは揺るぎなさそうだが。

• Posted in : 大志

Leave a Reply