Giffのブログより。

昔デジタルもの・テクノロジーといえば、かっこ悪いオタクのイメージしかなかったけども、iPodなどを使いこなす人たちが増えているように、普通の人たちや、かっこいい人たちもデジタルに当たり前に触れ始めている。

どんなにデジタルなサービスを使う人が増えたとしても、この層はなぜその技術があるのか、などを気にしない。とにかく動けばいい。

アバター対アバター、すなわちリアルタイムコミュニケーションに特化した部分から、誰もが簡単に表現やコミュニケーションをとれる仕組みを考えていかなければならない。

Leave a Reply