元記事
・18ヶ月で9割のバーチャルワールドビジネスが、ユーザー需要に応えずにテクノロジーに走り、失敗するだろうという発表。

・ユーザーがプレゼンスを感じられなければきれいな画像も物理エンジンも意味がない。

・競合の真似をするサービスが多く面白みがない。

・ビジネスはウェブサイトを置き換えるものではなく補足として使うべき。2次元ページと3次元空間をつなぎあわせる戦略を練る必要がある。

・70%の企業や組織が2012年までに自社のバーチャルワールドを作るだろうが、スモールスタートで費用を抑えながら研究をはじめるべき。

Leave a Reply