この事例も、ブランド参入のひとつと考えられる。
そうした意味ではPCゲーム、アバターサービスに初音ミクを色々からませていくのはチャンスかもしれない?

Leave a Reply