サイバー特区:情報通信技術の成長力強化プラン 総務省

http://mainichi.jp/select/biz/news/20080524k0000m020063000c.html

総務省は23日、インターネット上の仮想空間でさまざまな社会実験をする「サイバー特区」構想を柱としたICT(情報通信技術)成長力強化プランを発表した。

サイバー特区の詳細は今後検討するが、限られたメンバーが実名で参加する仮想社会を構築し、その中で新しいサービスや制度を試す案が有力だ。仮想社会で課題を洗い出すことで、ネット関連の新規事業創出を促進する考え。新事業や新制度のアイデアは一般公募する方針。

このほか同プランには、ICTを活用して地域再生を進めたり、医師不足に対応するため遠隔医療の普及を推進することなどが盛り込まれている。【前川雅俊】

毎日新聞 2008年5月23日 19時51分

きになりますね。

Leave a Reply