今年のスーパーボウルで流れたコカコーラのCMがアバターをふんだんに使っている。

CGキャラクターではなく、アバター。
ひとりひとりのユーザーが自分をネット内のアバターに置き換えている表現が明確にCM内で使用されている。

みんなノートPC持ち歩きすぎだろ、
と思いながらも日本もそうなるとみています。

Leave a Reply