新サービス「AM6」のベータ版をオープンしました。
現在共有をしているのはフェイスブック、ツイッター、フレンドフィード、ブログを見てくれている人たち、および直接の知り合いの方々に限定しています。

AM6とは「メールパーツ」を組み合わせて、自分のメールに自分の見たい情報だけを届けることのできるサービスです。
ニュース、ブログ、写真、おすすめフィードなど自分の見たい最新情報を、自分に都合の良い時に、無料で受信することができます。

このサービスのコンセプトは、メールという媒体を通じて情報を集められるのがポイントで、湯川鶴章さんがブログでおっしゃるケータイもスマートフォンも関係なく利用可能です。

これまで数多くあったメール配信サービスも、ひとつ間違えればスパムです。情報に興味をなくせば配信停止をすれば良いですが、いらない情報の中に一部必要な情報が入っている、という場合、なかなかやめられません。そういったタイプのメルマガをいくつも抱えていると、結果的にメルマガ地獄に陥り、毎回お目当ての情報を堀おこさなければいけない、余計な手間が発生します。まるで、お気に入りのウェブサイトの記事を更新されているかもどうかわからない状況で毎日チェックしに巡回するようなものです。

AM6はメール配信サービスの存在そのものを情報提供者都合のメルマガから、ユーザーのためのものへと切り替えたものです。AM6に登録すると、受け取りたい情報と時間の権限がユーザー側に委ねられて提供されます。

サイトを巡回する人たちがRSSリーダーを使い、iGoogleを使うようになったように、ケータイ文化の日本には、毎日確認するメールとしてそれが成り立てば便利だ、ということに気づき、このサービスをスタートさせました。

このプロジェクトは、Zooomrのクリストファーと一緒に、日本中の人が喜んでくれる、ただただ便利なサービス、という一点に焦点を当てています。現在はまだベータ版ですが、1週間後にはガラッと変わるようなペースでプロジェクトを進めております。

せっかくなので、そのガラッと変わる感を一緒に楽しみませんか?今だったら自分の欲しいメールパーツもリクエストを出してくれれば搭載できるかもしれません。

現在作業中のタスクは以下のものです。

・ケータイ向けのアクセスキー(数時を押すと移動するやつ)の作成
・AM6メールのHTMLメール化
・写真メールパーツの構築(指定したジャンルの写真が毎日届く)
・メールパーツ検索機能
・ヘルプガイド・マニュアル
・iphoneサイトの構築

会員登録は超簡単!
i@am6.jp にケータイから空メールを送ると、会員登録用のリンクが送られてきます。

裏話:今回のテーマは、「打ち込みやすい、超短いドメイン」というのがありました。
なんと “a”も”m”も”.”も”j”も”p”も携帯の英字入力で最初に打ち込める文字なんですね。

だまされたと思って i@am6.jpと携帯に入れてみてください。ほら、簡単でしょ?
ついでにそのまま空メールを送ってみてくださいw

すぐにメール返信が来て、そこから会員登録作業ができるようになります。
こんなメールが来ます (2009/2/17現在)


入力するのはニックネーム(本名いりません)、年齢、所在地、性別、以上!
今なら直接開発者に要望を伝えるチャンスw なのでぜひこの機会にご利用ください。
プレスリリースはもう少し先を見ています。

2/16現在用意されているメールパーツ:
・天気予報
・NHKニュース
・NIKKEI BP net
・CNET Japan
・GIGAZINE
・ザテレビジョン
・オリコン音楽情報
・サッカー日本代表
・上地雄輔ブログ
・リア・ディゾン写真ブックマーク
など、その他多数
それではみなさん、良い一日を。そして明日の朝をお楽しみに。

いくつかスクリーンショットを用意しました。どんなものか見えるまではやらない!
という人は下記を見てみてくださいね。

AM6.jpトップページ。
自分の取得している情報をWeb上でも確認できます。
私がとりあえず入れているのは天気情報とNHK主要ニュース。
これは会員登録時全員デフォルトで入っています。(外すこともできます)

メールパーツ選択のページ
独自セレクトで入っている各種情報を閲覧できます。
なんであのコンテンツがないんだ!と思う人はご一報ください。

ギネスナンバーワンブログ、上地雄輔ブログもあります。

ムフフ(あだち充風)

ではでは、i@am6.jpに空メール、お待ちしております。

浅枝

1 Comment • Give your comment!

  1. [予感][記事] mixiよりもユーザー数を見込めるサービス

    mixiよりもユーザー数を見込めるサービスを公開しました。AM6ベータ開始。 セカンドライフで脚光を浴びたメルティングドッツ代表取締役の浅枝大志氏。 実はセカンドライフと平行して…



Leave a Reply