http://www.secondtimes.net/news/japan/20090908_mbga.htm
l
モバイルマーケティングを手掛ける株式会社ディーツー コミュニケーションズが、プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(以下P&G)のポテトチップ「プリングルズ」と株式会社ディー・エヌ・エーが運営す るポータルサイト「モバゲータウン」のタイアップキャンペーンに関する調査結果を発表した。それによれば、モバゲータウンの広告効果はテレビCMを上回る という。


同キャンペーンは、モバゲーサイト上でプリングルスのタイアップゲームを公開し、高得点を得た1万人のモバゲーユーザーに対し限定のアバター用アイテムを 無料配布するという内容で、2009年2月~3月にかけて行われた。その後、ユーザーに対し「プリングルズについて最近見聞きした媒体は?」と尋ねたとこ ろ、ゲーム参加者の62.6%が「モバゲーのキャンペーン・ゲーム」と答え、「テレビCM」(55.5%)と答えた人数を上回った。またゲームに参加しな かったユーザーでは「最近見聞きした覚えはない」という回答が12.8%あったものの、ゲーム参加者では 3.1%のみだった。
「見聞きした中で最も印象に残った媒体は?」との質問では、ゲーム参加者の40.7%が「キャンペーン・ゲーム」と答え、「テレビCM」(28.2%)と答えたユーザーの1.4倍となった。

当たり前だ!!!(怒)

セカンドライフのナチュラム島の釣りゲームを遊んでいるユーザーに
「ナチュラムをどこで知りましたか?」ってやればテレビよりも多いぞ!
ではナチュラムそのものの知名度は?セカンドライフそのものの影響力は?

この記事の良心を感じるのは

それによれば、モバゲータウンの広告効果はテレビCMを上回る という。

「という。」の言い方が「らしいよ、知らんけど」という風に聞こえるところ。

こういうリリースがあるから変な方向に流れていくんだ。
あー イライラ

1 Comment • Give your comment!

  1. by 梅下

    9th 9月 2009

    6:16 pm

    まさに「我田引水」とは、こうした記事や情報をいうのでしょう。

    しかし、「という」という言葉には、「ということらしい」という伝聞や風聞かなにかでも聞いたかのような口ぶりですね。

    「まあ、そういう見方をすれば、それはできないわけではないけれど」というようなニュアンスもありますね。



Leave a Reply