メルティングドッツで運営しているインターネット建築.comの類似サービスが9月29日に海外でスタートしたことを知りました。
弊社では2009年1月5日にローンチしているので実質9カ月遅れで海外に登場です。
というのもこれを紹介していたのがグーグルアース自身のブログなんですね。
CyberCity3Dという会社による「バーチャルビューイング」というサービスだそうです。
クライアントは不動産、観光施設、公共施設を中心としており、おおまかなコンセプトはインターネット建築と一緒です。
日本国内のインターネットサービスだと、英語圏をベースとしたサービスに比べて、影響力、認知度、理解度の弱さを痛感します。
ただ、日本国内ベンチャーでも、世界に先駆けてサービスを仕掛けることは可能だという自信にもなりました。

Leave a Reply